レビュー系ブロガーは「モノの入手数>レビュー消化率」になると死ぬ

「プロブロガー羨ましいなぁ、色々タダ送ってもらえて、その上アフィリエイトで収益も入って、おいしいだろうなぁ。」と外野から見た一般人は思うかもしれない。僕も今でもそう思う。でもある一定のラインまで行くと、これがまた大変になる事もあるので書いておく。

自分は専業プロブロガーではなく学生なので専業の方は知らないけども、まぁ、概ね同じような贅沢な悩みを抱えてるのではないかと思う。その贅沢な悩みというのは、「とりあえず足しになるかならないか分からないけどレビュー書くかー」ぐらいの気持ちで、普通のそこらへんの趣味で買ってる人間と同じの購買ペースで、とりあえずレビューを書いてるような状況を脱する事ができた状態。つまり、普通の人間ではありえない数の「モノ」が身の回りにあふれて、いちいちレビューを書いてられない状況になるというものだ。

最近ではメーカーもインターネットのクチコミ効果を大きく評価しはじめたようで、ある程度人気のブログになってくるとメーカーの方から試供品を提供してくれるといった光景も珍しくなくなった。つまり、今まで購買意欲が沸いた製品の中から、購買力の兼ね合いでやっと手元にたどり着いた製品のみをレビューしていたブロガーは、その「購買意欲」「購買力」の2つのハードルを完全無視した「企業の提供によるレビュー」を行うようになった。これは従来の「欲しいものを買って結果的に感想を書く」というレビュー行程を根底からひっくり返してしまうものだ。その行為自体を否定するものではないけれど、これがエスカレートすると大変気が滅入ってしまう事を主張したい。

普通にブログを書いている分にはレビューを約束する事を引き換えに無料で試供品が貰えるというのはとてもありがたい話だ。いやぁ、なんとも良い時代になったもんだと思う。これからはより多くのメーカーがこういったインターネット上の発信者と手を組んでマーケティングを行うといった光景が当たり前になっていく事は間違いないだろう。事実、大手のソニーやサムスン、最近は富士通だって自社のスマートフォンやタブレットを無償で貸し出して「アンバサダー(大使)」という名目でマーケティングを行っている。(まぁ、富士通に関してはずっと以前からインターネットに良い評判を散布する事と引き換えにヒソヒソと既存ユーザーに最新機種を送りつけていたようだが、それはまたアンバサダーとは性質が少し違うものだろう。)

良い時代になったものだけど、抱え込みすぎるのは良くない。ノーと言えない日本人の国民性がネガティブ方向に働いてしまう。サイト運営者な分かると思うが、ページビューは麻薬だ。例えるなら、PV数を増やしてくれるモノを提供してくれる企業は、麻薬の栽培キットを提供してくれているも同義だ。1つや2つならまだ、消化できる。リスクフリーにネタが手に入り、レビューを公開する事で承認欲求が満たされ、更に収益にも繋がる。気持ちが良い。けど、数が増えると、これが辛くなる。人間一人が行える作業量ってものには当然だけど上限がある。ブログの記事だって同じで、ただ単にモノを提供して貰えればPVになり、PVが収益になる、というわけではない。提供してもらったモノをレビューしなければならない。記事を書かなければならない。働かざるもの食うべからずの当然の摂理だ。

また、企業に貰った物は下手に放置できない。そこには無料でモノが貰える事のトレードオフとして発生する「義務」がある。趣味で書いているブログだとしても、仕事と同じように納期に追われる身になってしまうだろう。せっかくプライベートな趣味で、あわよくば副業にもなって、有意義な週末を楽しんでいる状況の中で、趣味の時間までにも納期が迫ってきたら……と考えるとあまり良いものではないのではないか。

いや、そこまで行くともう、起業した方が良いんちゃう?って話にもなる。編集部を構えて、きっちりメディア運営体制を整えれば良いだろう。仕事としてやるのであれば当然納期はあるし、生活がかかってるのでやらざるを得ない。人も雇えるので記事を書いている時間が足りないという点も解消するし、会社にすれば良いだろう。そう思うかもしれないけど、違うんだよなぁ。それじゃ趣味でやってる意味がない。気楽にできない。そんなのGIGAZINEに任せとけって話だ。

畑は違うけど、中途半端に人気なYouTuberも同じような悩みを抱えてるんじゃないかなぁ。それこそトップクラスであれば多少更新をサボっても生きていけるし、依頼も断れる。でも毎日やってるんだからすごいよな。好きな事で生きていくって広告出すだけあるわ。YouTuberすげえよ。はぁ。

ブロガーに限らずフリーランスで仕事していくのであれば、ひとまず目指すべきポイントは「仕事を断れる」というレベルだと思う。断れない人間は奴隷になるしかない。奴隷は辛いぞー。