モブログはクソだ。

モブログするという行為は好きだ。いつでもどこでも筆を握れるのは恵まれたインターネット時代の象徴だ。しかしそれを取り巻くモブログ環境が酷い。

まぁ一口にモブログと言ってもテキストオンリーで長文を書いたり「今日食べたラーメン」みたいに写真を一枚ポンと上げて下に感想を書くだけだったらまぁ今出回ってるお好きなブログサービスでお好きなアプリからモブログすればいい。その程度だったら問題無い。スマートフォンすら要らない。ガラケーから写真貼付してメール投稿すればいい。10年前からそんな事はできる。言いたいのはそういう事じゃない。もっと凝ったブログだ。

IMG_3181.JPG

画像は特に今回の内容とは関係ないのだけど、とりあえず手元にあった写真なので使わせてほしい。これは普通にWordPressのWebの投稿画面から挿入した画像だ。「配置」を「中央」に設定し、「サイズ」を「中」にしてある。そういった選択肢で画像をブログに挿入するとWordPressは「class=”aligncenter size-medium wp-image-197″」というクラス記述をimgタグに付加してくれる。個人的に求めているのはこれだけなのだが、まぁこれができるアプリを現状一つも見た事がない。必要とされていないんだろうか。

このWordPresの作法に沿ってクラスを付加する事の重要性がいかに大事か。これが出来てないと特定のサイズの画像で特定のCSSスタイリングをするという当たり前の事ができない。クライアント側で挿入する画像のサイズにリサイズしてから投稿するタイプのアプリもあるが、それでは自動的に@2x画像を生成して該当環境下のみ@2xに差し替えるタイプのJavascriptで対応しているタイプのプラグインでRetina対応ができない。結局WordPressのモブログ環境はろくに画像入りのブログが書けない。

公式のWordPressアプリですら、画像はsize-fullしか投げられない。まぁ公式クライアントだけあってクラスを付加する点は救いがあるが、上に書いたとおり記事に挿入する画像の2倍解像度の@2xに対応するとなるとsize-fullを使う事は選択肢から外れる。size-fullで記事内に収まってしまうと2倍の解像度をアップロードできないからだ。

この問題に関して何年も傍観していたけど、一向に改善の余地が無い。結局モブログのアプリが改善するより先に、WordPressのWebの管理画面がレスポンシブ対応し、スマートフォンのメモリがWordPressのWebから記事が書けるレベルにスペックアップする方が先に来てしまった。まぁそれはそれで一つの問題解決ではあるのだけども。