フレッツ光が繋がらないと思ったら料金を未納していた

本当にうっかりだったのだけど、自宅回線が料金未納により2週間ほど繋がらない状態だった。

最初は機器のトラブルを疑ってWiFiルーターの接続テストをしてみたり、Googleで「フレッツ光 繋がらない」「GE-ONU UNI」やら検索していて、何の物理的トラブルや故障も無さそうなのでNTT東日本に電話しようしようと思って忙しくて先延ばしにしつつ、WiMAX 2+ルーターのNAD11で凌ぎつつ、無制限を良い事にモバイル回線に100GB近く流していたのだけども、まぁ結果的に電話しなくて良かった。大恥をかくところだった。

料金が未納だった

料金の未納に言い訳は見苦しいのだけど、今回の未納にはもっともな理由があった。NTTグループの請求は「おまとめ請求」なるサービスで一括にまとめて払えるNTTファイナンスのサービスがある。僕はNTTドコモの携帯をクレジットカードで払っているので、今回おまとめ請求しませんかと誘われて断る理由が無かったのでおまとめ請求に申し込んでいたわけだ。そして今までの請求書が来て、三菱東京UFJダイレクトの胡散臭いネットバンクにログインして、Pay-easyで請求書の番号を記入して毎月払う、みたいな鬱陶しいサイクルとはおさらばできると思っていた。

ところが、おまとめ請求が適用されるのが8月以降。7月の請求書がほったらかしにされていたのだ。未納のまま。催促のはがきも届いているのに。おまとめ請求にしたから請求書はそのままファイリングしておけば良いかと思って全て未開封だった。迂闊だった。開封してみれば、催促状には期限が9月30日と書いてあるじゃないか。危なかった。急いでUFJにログインして支払った。なんとか間に合った。お陰でこうしてインターネットに繋いでブログを書けている。

もっとも、自宅回線なんて無くとも自分にはインターネットに接続できるモバイル回線が腐る程あるわけなんだが。実際、腐らせているし。

今回の件で得られた教訓は「請求書」なる郵便物が届いた時は決して未開封のまま放置せず、真っ先に開封するべきという事だ。なんというか、郵便物にもプッシュ通知やリマインダー機能が欲しい。

大学の新学期も始まったわけだけど、来月は学費の請求が来る。学費未納で退学なんてことにはならないようくれぐれも気をつけておこう。